2007年08月26日

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.)

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.) 先日の仕事中、あまりの暑さに「冷却せねば〜」と言って麦茶を飲んだら、若いスタッフに「まるでエヴァンゲリオンみたいですね」と言われ、即座に「残念、俺の世代は超合金だぜ!」と答えてしまい、それを聞いていたエヴァンゲリオンの頃にはまだ一桁だったという新人スタッフの女の子が目を白黒させていたことで時代のギャップを感じてしまったアルシオーネ(残暑の厳しさが身にしみるお年頃)です。

 さて、ワンフェスなんてイベントはすっかり縁のない私ですが、イベント翌日のヤフオクでミクロマンを検索したら、雨後の筍のように出品されていたのでつい買ってしまったのがこれ。

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.)

 この秋には新作の劇場版があるので、当然その一環ですね。
 綾波レイに思い入れがあるわけでもないのに、わざわざ手に入れてしまうのは、ミクロマン本編の新商品が出ないことへの精神的不安を取り除こうとする無意識の行為なのかもしれません。あ、難しく考えなくても、多分ただの衝動買いです。


全身像

 パッケージを開けてみると、中身はビニールに入ったレイがぽつんと…。
 付属品はありません。正真正銘これだけ。
 せめて台座くらい付けたっていいんじゃないかい。

 全身像。
 しまった、左腕をきちんとはめ込むの忘れてた。(--;)
 以前に発売されたプラグスーツ版と同じく、アニメ体型のVer.2素体です。
 頭部とギブスでぶっとくなった右腕以外は造型は一緒です。
 プラグスーツ版はパールで塗装されていましたが、包帯Ver.は成型色の白のままです。
 ま、アニメイメージに近づけたってことにしておきましょうか。


後ろ姿

 後ろ姿。
 うーん、お尻はパール塗装の方が色っぽかったなぁ(コラ)。
 包帯は一応後頭部まで成型&塗装されていますが、髪の色はかなり手抜きしてます。


バストショット

 バストショット。
 眼帯をしているせいか、おめめパッチリです。プラグスーツ版より目が大きいです。
 頭部の出来は正直出回ってるガチャフィグの方が上ですが、ミクロマンならこれでOK。可動フィギュアの強みで、ポーズを付ければそれなりに表情も出るしね。

 プラグスーツの首から胸元上にかけてのラインが、これまたズレてますね。
 プラグスーツ版はちゃんとできてるのに、これで下手してどうするよ。


サイコガンじゃないよ

 この綾波レイのポイント、包帯腕。
 なんとギプスとしか思えない太さなのに可動します!
 しかも二重関節!
 さらに、二重関節なのに曲げられるのは90°が精一杯!

 なんだそれ(笑)

 それにしても指先までガチガチに包帯巻くような状態って、どういう怪我をしたんでしょうか。想像するとちょっと寒い。


比較

 歴代の綾波さんたち。
 Ver.2素体がスリムというか、Ver.1素体を改造した制服バージョンの出来がなんともというか、とにかく制服バージョン(一部マニアの間ではモグ波と呼ばれているらしい)が目を引きますな。
 並べると包帯バージョンもいいよねって言いたくなりますね。(つーか制服が…)


おまけ
おまけ
posted by アルシオーネ at 02:51| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、マスターのところでも綾波が。
ていうか、本体カラーも少し変わってたんですね。
持ってたのに気が付きませんでした。
なんか、ウチではあやなミクロがどうでもいい位置づけになっちゃってる(爆)

しかし、やはり衝動買いですよね。コレ(笑)
もはやミクロな病が・・・。
死にいたる病、とはこの事か。(違
Posted by くろぬこ at 2007年08月28日 05:50
■くろぬこさん
>ウチではあやなミクロがどうでもいい位置づけになっちゃってる

うちでも既にそんな感じです。
オチキャラとしてしか使えないかも(;_;)

>死にいたる病、とはこの事か。(違

まだ死ねません、ミクロマンの本シリーズが復活するまでは!

ちなみに「死にいたる病」とは絶望のことですね(マジレス)
Posted by アルシオーネ at 2007年08月28日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。