2008年02月26日

ミクロアクションシリーズ ミクロクローン フジコ

不二子 VS ミクロレディセット 4回も続けて同じようなエントリで申し訳ないです。
 今回は峰不二子にセットの

 ミクロクローン フジコ

 であります。

 いくらミクロマン・オリジナルといっても、メッキバージョンに必然性を全く感じないので、ぶっちゃけ、どうにもテンションが下がります。


全身像&比較

 全身像、そして峰不二子との比較。
 カラーリング以外ではフジコの頭部の材質がABSに変わっている程度です。
 ボディも同じ女性素体Ver.2で右太腿パーツと両手首にカラーリングのためのモールドがあるのが違っているところ。
 ちなみに、うちのミクロクローン フジコさんは右足首の前後の可動が硬く、ちゃんと動いてくれません。個体差だとは思いますが、この手の話は毎度過ぎて呆れますね。


横から

 横から。
 メッキボディにピンクのラインは個人的には好きです。ちゃっちぃけどね(笑)
 身体横と首のラインはモールド無しの直塗りです。


太腿のマーキング

 太腿のマーキング。
 ポーズは適当(笑)
 マーキングの文字もピンク。メッキにプリントしてるので写真では何書いてるのか確認できませんね(^^;)


きっとピンクの弾丸を撃ち込まれる。

 付属の銃。
 マシンガンとハンドガン。
 カラーリングに合わせたピンク色…
 趣味悪いなぁ。普通にシルバーメッキでいいじゃないの。
 武器にはそれぞれ「クローンマシンガン」「クローンハンドガン」と名前が付いています。つーか、そんなそのまんまな名前なんてどうでも良いのですが…(^^;)ナンデコンナナマエヲ・・・・・・


格闘させてみた。

 使い方に困ったので、とりあえず格闘。
 さすがポーズはそれなりに決まります。ミクロマンだし。

 でも何か面白くないなぁ。この後を続けようという気がおきないんだよね。
 ルパンもそうでしたが、セット単体では大した面白みがありません。クローンなんて無理矢理な設定にせずに、素直に単体で出せばいいのに。
 これで両セットとも定価が3,465円ってのは、たとえタカラトミーの意図とは違っていたとしても、抱合せ販売価格としてしか受け取れませんね。
 どうせ抱き合わせするなら、メッキ人形より、次元と五エ門と銭形警部もひっくるめて抱き合わせしてくれた方が嬉しいんだけどね。
 主要キャラまとめてなら値段が上がっても買いたい人はいると思うんだけど。どうにもファン心理が読めないというか、ズレた戦略なんだよな、タカラさんは。



posted by アルシオーネ at 23:16| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>メッキバージョンに必然性を全く感じないので

いやあああ!そんな事言っちゃイヤアアっ!(笑)
まぁ、でも正直、単価UPの為の抱き合わせですねぇ。
Posted by IGGY at 2008年03月16日 14:22
■IGGYさん
>いやあああ!そんな事言っちゃイヤアアっ!(笑)

私もできれば言いたくありませんでしたが、パッケージを開けて手に取った瞬間、その適当すぎる出来に、怒りを通り越してあきれてしまいました。

今はウイングマンとドロンジョ様が私の残された希望です(;´▽`A``
Posted by アルシオーネ at 2008年03月19日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。