2009年11月06日

【マジですか】ミクロマンがハリウッド映画に!?

 久々にミクロマンのカテゴリーです。
 真偽は兎も角、こんな記事を見つけました。

「ミクロマン」ハリウッド映画に? J.J.エイブラムス監督でWSJ紙報道

 1970年代に一斉風靡した男児向けのフィギュア玩具「ミクロマン」シリーズが、ハリウッドの大作映画になる可能性が出て来た。米国の日刊紙ウォール・ストリート・ジャーナルの11月5日付けの報道によると、『M:i:III』や映画『スター・トレック Star Trek』など相次ぐヒットを飛ばすJ.J. エイブラムス監督が「ミクロマン」の映画化を検討中だという。
 この記事はハリウッドが人気玩具の映画化に熱を上げる様子と背景をレポートしたものだ。バービー人形やボードゲームの「モノポリー」、「リスク」までありとあらゆる玩具が、劇場映画化に向けて動いている様子を紹介している。そうした映画化企画はこれまでメディアに登場したものが多いが、J.J. エイブラムス監督による「ミクロマン」の企画はメディアで報じられるのはこれが初めてだ。わずか2行の言及ではあるが、既に大きな波紋を巻き起こしている。

 「ミクロマン」は、1974年に日本の玩具メーカー タカラ(現タカラトミー)が開発した玩具シリーズ。人間型の小型サイボーグという設定で、様々な関連商品があり、大きな人気を博した。国内では1999年に『小さな巨人ミクロマン』としてテレビアニメ化もされている。
 米国に輸出されたのは1976年、現地のアクションフィギュア玩具会社メガ・コーポが「Micronauts」のブランドで展開した。現地でコミックス化されるなど人気を博したが、1990年以降の北米での展開は止まっていた。
 
 ところが、先日、米国玩具メーカー ハズブロが開催した投資家向けの説明会で、「ミクロマン」のライセンス獲得が発表された。大手メーカーにより、あらためて「ミクロマン」が北米展開することになった。今回の映画化企画も、こうした玩具展開の中で浮上したと見られる。

 玩具ブランドの相次ぐ大型映画化企画は、日本人にはやや奇異に映る。しかし、ハリウッド・ビジネスにとっては合理的な選択である。人気玩具はブロックバスター映画に必要とされる要素を多く持っているからだ。
 多くの人が子供の頃に親しんでいるというブランドの知名度の高さが最大の武器である。また、映画単体で収益を得ることが難しく、映画の映像パッケージ商品の売上が減少する中、ライセンス商品の展開で収益を上げる方法が、映画ビジネスの中で重要性を増している。原作がもともと玩具であれば、無理なくフランチャイズ(多方面)展開することが出来る。
 さらに、固有のストーリーを持たない玩具は、コミックスや小説、旧作のリメイクと違い、かなり自由に世界観、物語を組み立てることが可能なのも魅了だろう。
 スーパーヒットの大型玩具ブランドはそんなに数があるものでないが、今後もハリウッド・ビジネスの草刈場となりそうだ。



 ミクロマンというよりは、海外で展開されていたマイクロノーツが映画化の企画の一つに上がっているようです。
 マイクロノーツのストーリーってミクロマンとはかなり違うと聞いているのですが、そんなことよりも、これが実現すれば期待の新商品の登場が確定ですが、なんともピンと来ない話です。

 あと、ハズブロが獲得したミクロマンのライセンスって、平成、200Xも含まれてるんでしょうか?
 この辺は続報に期待です。

ラベル:ニュース
posted by アルシオーネ at 21:37| ⛄| Comment(2) | TrackBack(1) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

ミクロアクションシリーズ ミクロクローン フジコ

不二子 VS ミクロレディセット 4回も続けて同じようなエントリで申し訳ないです。
 今回は峰不二子にセットの

 ミクロクローン フジコ

 であります。

 いくらミクロマン・オリジナルといっても、メッキバージョンに必然性を全く感じないので、ぶっちゃけ、どうにもテンションが下がります。


続くですよ。
posted by アルシオーネ at 23:16| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ミクロアクションシリーズ 峰不二子

不二子 VS ミクロレディセット 巷ではワンフェスの記事とか色々ありそうですが、こちとら仕事でぃ! という以前に遠隔地なのでわざわざ出向きませんし。
 それよりも紹介してなくて溜まってるミクロマンたちを何とかせねばなりません。
 ということでルパン三世40周年記念のシリーズの続きです。
 ルパンときたら、やはり不二子がいないといけません。ってことでいっしょに買ってました。

 不二子 VS ミクロレディセット

 で、ございます。



レビューしますよ
posted by アルシオーネ at 00:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ミクロアクションシリーズ ミクロクローン ルパン

ミクロアクションシリーズ ルパンVSミクロマンセット 前回に引き続いてルパンVSミクロマンセットです。
 今回は金メッキの方。




正確にはメッキじゃないけどね
posted by アルシオーネ at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

ミクロアクションシリーズ ルパン三世

ミクロアクションシリーズ ルパンVSミクロマンセット はいはい、買っちゃいましたよ〜
 延期の末ようやく出た
 ミクロアクションシリーズ ルパンVSミクロマンセット

 ルパン三世連載40周年ってことなのに、何故か映画第一弾のルパン三世、『ルパンVS複製人間』をモチーフにして作られたルパンミクロです。



俺の名はルパァ〜ンさんせ〜
posted by アルシオーネ at 00:30| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

正月早々やってたこと

 元日UPの年賀画像で、今年はミクロマンの本筋に原点回帰してほしいと願いつつ、ミクロフォース四人衆に登場してもらった次第ですが、ポージング最中になんとスパイさんの左足首が割れてしまいました(T_T)

 割れたら修理ってことで、いつものプラリペアを使っての作業に入ったのですが、どうせ修理するならついでにあちこちやっちゃおうと、他の割れたミクロマンも修理してみました。
 割れたパーツで多かったのは、やはりミクロレディの肩パーツ。
 薄肌色以降のレディは金型が改善されたようで、割れているものは少ないのですが、それ以前の素体はクラックが出ているものが少なくありません。
 特に酷いのが黒色素体。劣化するものも一番多いようです。

今回の臨床患者

 写真のレディは数年前に白と黒の素体を組み替えて作ったもので、ポーズの試しやガチャフィグから流用する頭部パーツの調整に使ったりしています。
 レディ素体としてはうちでもかなりの古株で使われることが多いのですが、それゆえに左肩と左足パーツにクラックが発生し、関節がユルユルになってました。


いざ修理
posted by アルシオーネ at 23:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

あきらめないこと〜さ

シャンニーさん

 「いいかげんシャンニーはあきらめろ」は某所での決まり文句らしいようで、確かに私も度々見かけました。
 でも、シャンニーって意外にヤフオクでは度々見かけますけどね。
 まぁ、他のミクロマンに比べれば高額で出品されていることが殆どなので、手に入れるためにはそれなりの価格を覚悟しないといけませんが。
 中古ホビーショップでも見かけたことがありますが、やはり高値設定。
 でも逆に言えば、金に糸目を付けなければ手に入れられるというのもポイント。

 宇宙刑事ギャバンの歌詞に

 若さ 若さってなんだ あきらめないことさ
 愛ってなんだ くやまないことさ


 なんてのがありまして、
 あきらめず、高値で買っても悔やまない愛をもっていれば、いずれ手に入れられるのではないかと思う次第です。
 私的にはシャンニーよりもミクロフォースのスパイの方が手に入りにくかったけど(^^;)シカモ、カッタラヒザガワレテタ
 最近では、マテフォ男性素体のヤフオク価格がどんどん上昇していて恐怖を覚えますね。
 まさか、マテフォが本家よりも高値になんて!?
 そんな事態になったら、金欠の時にはストックのマテフォを売っちゃうかもしれません(笑)
 あ、いくら金欠になってもシャンニーは手放さないぞ。もちろんジンも。

posted by アルシオーネ at 02:31| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

私の好きなミクロマン

 『えろぶろ at Excite』さんのトラックバック企画に参加です!


 私の好きなミクロマンというと、いまだ欲しがる人が後を絶たない伝説のこのペア。

もちろんジン&シャンニー

 言わずと知れたミッションフォースのお二人、ソードウォーリアー・ジンとシールドヒーラー・シャンニーです。
 持っているミクロマンでどれが一番お気に入りかと言われると、どちらか一方を選ぶことができず、どうしてもペアで選んでしまいます。
 丁度「ミッションフォース」というチームだし、企画のレギュレーションとしてはセーフかな。

この二人はポーズをとらせるのが楽しいですよ。

 この二人が一番になる理由ですが、以前やっていたブログに書いたことがありますが、このキャラクターが私のミクロマン200Xシリーズにどっぷりハマるきっかけでした。

 アニメとおもちゃという普通の展開で復活した平成ミクロマンが、可動フィギュアとして物足りないものだったのを払拭するように登場したミクロフォース。
 そしてその1年後に昭和ミクロマンのような、独自のバックストーリーを持つブランドオリジナル・ホビーとして登場したマスターフォースとアクロイヤーX。
 かつて昭和ミクロで遊んでいた私にはとても衝撃的でした。
 ですが、平成ミクロの物足りなさの記憶と、今ひとつ好きになれない感によって、後に続くシリーズも存在は知りつつも手を出す気になれませんでした。
 その食わず嫌い的な状態から、一歩進ませたのがこのペアでした。

 ムック本のオリジナルストーリーで語られる二人はとても存在感がありました。
 ジンは孤独なへそ曲がりかと思いきや、コミュニケーションは苦手だけど自分の求める正義を追う不器用な青年で、シャンニーは人間との接点になる役目なのに現実感が乏しい少女という、ストーリーが終了しても、その後の成長と変化を予感させるようなキャラクターが深く描かれていました。
 このキャラクター性に惚れました。今思えば、当時人気の仮面ライダー555のキャラクター要素を取り入れた感じがありますね。

 この二人はそれまで不在だった私のミクロマンワールドの主役の座にぴったりハマりました。
 主役が登場したら世界が構成されるのは早いもの。
 あっという間にミクロマンたちは増え続け、数年経った今ではその総数さえはっきりしません(笑)
 最近では当時買うつもりのなかったミクロアクションシリーズまで揃えだし、しまいにゃメーカーを気にせず、ミクロマンの乗れる乗物やアイテムを次から次へと手に入れ、部屋の中はもはや私設武装組織状態。その世界感はオリジナル要素の塊です。
 敵対するアクロイヤー側でもオリジナル怪人を生み出す為に日々考察中です。悪の組織たるもの守る側より頭数が多くなくてはなりませんので大変です。
 ほんと、いいおっさんがこれで大丈夫かと(笑)


メッキ頭の反射が難しい

 さて、うちのジンですが、左手にミリタリーフォースに付属していたリストウォッチを付けさせてます。
 これは情報の表示機能のないジンの装備を不憫に思った親心つーか、せめてパートナーとの連絡手段くらいは持てという組織運営責任者(私です)命令(笑)。



posted by アルシオーネ at 23:53| ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

年賀マテリアルフォース 2006年 戌年

年賀マテリアルフォース 2006年 戌年

 ほんと今更って感じですが、昨年の年賀マテリアルフォースを、翌年の、しかも11月になって手に入れました(^^;)
 秋葉原のコレクターショップでは数千円するという代物ですが、ヤフオクで千円以下で出品されていたものですから、ささっとゲットしました。

 素体は男性素体Ver.1、材質はABSで関節ゆるゆるで、ぶっちゃけボディのプリントとカラーリング以外には特に見るところはありません。我ながらナゲヤリです。


バックプリント

 両肩は金文字で「寿」、背中には赤字ででっかく干支の「戌」とプリントされてます。
 めでたくはありますが正月過ぎてると有難さは激減。さらに翌年の終盤ともなると、これは罰ゲーム以外の何物でもありませんねぇ。

 ま、これだけでは折角手に入れたのに浮かばれませんので、余ってるヘッドパーツを付けてみました。


キッカーの頭使用

 まずはキッカーのヘッド。
 ヘルメット頭ですが、これだけで結構イケてる気がします。
 赤色でヘルメットの一部を塗ってやれば、かなり決まっちゃうのではないでしょうか。


バイオムの頭使用

 余ってたアクロバイオムのヘッドを付けてみました。
 どんな異様なものができるかと思ったら、意外にすんなりとまとまってて驚きです。
 なんちゅーか特殊スーツを着た宇宙人みたい。スタートレックなんかに出てきそうな気がします。
 そう思うと「美しいものを破壊したくなる」という歪んだ精神構造のキャラクターじゃなくて、どことなく知的にも見えてきますから不思議。

 マイナス×マイナス=プラスみたいなもんでしょうか。

ラベル:ミクロマン
posted by アルシオーネ at 23:41| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

ミクロマン バイオスーツ

バイオスーツ

 どうも。ドラマの『ガリレオ』を観てると、これって結局『怪奇大作戦』?と思ってしまうそれなりの年齢のアルシオーネ(♂)です。
 これもNHKで復活した怪奇大作戦が話が大袈裟になりすぎてる気がするからなんでしょうねぇ。

 さて、ここ数日物凄く気になりましたので、マシンフォースのバイオスーツを引っ張り出してみました。
 バイオスーツはマシンフォースのビークル(バイオマシン)が合体してできる戦闘用パワードスーツです。
 見ての通りのゴリラ体型&メッキ仕様で、パワーローダータイプのメカなのにインパクトは十分です。
 しかもクアントの漫画では巨大化したアクロワイバーンと死闘を繰り広げ、主役メカのロードスパルタンを完全に食ってしまったというツワモノです。
 ロードスパルタンって巡洋艦2隻分の開発費のハイテクマシン兵器なのに、やっぱあのデザインが悪いのでしょうか。
 でさて、そんなバイオスーツですが、持っている人には3ミリジョイントのや接合部のあまさからストレスアイテムとして認知されてるという不幸なマシンです。

バイオマシン ブレードとキャノンを装備

 実は写真のようにポーズを付ける度に、あっちがポロリこっちがポロリと、お前ヤラセ満載の芸能人水泳大会か!(古っ)と言いたくなるようなメカです。
 このポロリ具合ですが、一番外れやすい両肩先端のクリアパーツ部分は、クリアパーツのジョイント受けの外回りをちょっと削ってやると大分改善されます。
 他のところは、ジョイントを太らせないと難しいです(^^;) しかも同じ商品でも固体差あるし。


ありがちなアングル

 人型メカの絡んだありがちな角度から。
 こう撮ると巨大な感じがしますね。

 ポロリ以外にも、自重がないので両手を伸ばすとコケるとか、組立て時にミクロマンを乗せておかないといけないとか、足の可動がもう一関節欲しかったとか、いろいろと不満はありますが、何度組み立てても飽きないんだよなぁ。
posted by アルシオーネ at 23:04| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

キューティーハニー 真・復活篇

【前回までのあらすじ】
 キューティーハニーの修理のため、お客様相談室のステキなチョイスによってやってきたのは、パーツの流用が効かず、しかもエラー品である綾波レイ(前髪切り過ぎVer)であった。
 当然、使えるわけもなく、アルシオーネは再びお客様相談室に電話。
 タカラトミーの対応に期待するのであった。


 と、いうわけで、タカラトミーに電話をしました。
 送られてきた綾波レイ(前髪切り過ぎVer)が使えないことを話すと、担当の方も相当困ったようでした。
 どうやら在庫どころか、その商品がどういうものかを確認するためのサンプル的なものもないようです。
 せめて写真くらいは記録されたデータベース的なものがあってもいいようなものですが、そういうのもないようです。
 ああ、でもこんなもんかも。私も広告とか冊子制作の仕事をしていましたが、次から次へと出てくる仕事に追われて、制作物を資料として残すような暇すらなかったもんなぁ。
 必ず必要になる仕事なのに、上の人間がまずそういうことをやらなくて、必要に迫られるとあせって下に押し付ける。みたいな職場だったし。

 というわけで話がかみ合いにくい状態で、これなら合うんじゃないかとこちらから話してみて、ようやく別の商品が送られてきました。

再び届く

開けるわよ。
posted by アルシオーネ at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

キューティーハニー 復活篇

【前回までのあらすじ】
 念願のミクロアクションシリーズ Re:キューティーハニーを手に入れた俺だったが、その喜びも束の間、ハニーの両足のパーツに大きなクラックを発見した。
 それはABSという廉価素材ゆえの破損であった。
 破損の度合いは大きく、俺は危険な接合修理よりもマテリアルレディからの足の移植を選んだ。
 しかし、ハニーの足は素材ゆえの金型の違いにより微妙に形状に違いが生じており、想像していた以上に移植は困難であった。
 今は応急処置でなんとか命をつないでいるハニーだが、いずれ立つことすらままならなくなるに違いない。
 俺は最後の望みを賭け、タカラお客様センターへと電話をかけたのであった。


 なにが「前回までのあらすじ」だっつーの!
 と、自分で自分に突っ込んでみました。薔薇の香りのするオトコ、アルシオーネです。

 おもちゃなんて初回生産が全てですし、ましてや限定生産もの、在庫があるとはあまり期待してなかったのですが、案の定、予想通りでした。
 工場は中国だし、タカラさん側もまた部品を作るわけにもいかないでしょうから、合うような代替部品を分けてもらえればいいかなーぐらいに思ってたら、

 「代わりに別のミクロレディをお送りします」

 と、担当の方に言われてしまいました。先制攻撃です。
 代わりのミクロレディと言われて、エリス先輩とかマァルとかフィアナ(スコープドッグSAについてるやつ)とか、ヴェッカーでもいいやとか、バニラ(ボトムズのアフロ。つーかレディじゃないし)、アクロマノンとか、シャンニー(これはイジメに限りなく近い)とかが一瞬浮んでしまいましたが、これではなんの解決にもならないので、自分で修理する旨を伝え、同じ素材の部品をお願いしました。

 何度かのやり取りの末、足だけでいいのに同じABS素材のミクロレディをまるまる送ってくれることになりました。

キューティーハニー 復活篇

 それで届いたのがハニーの後の箱。
 わざわざ宅配で届けていただき、しかも翌日到着。ありがたや。
開けるわよ!
posted by アルシオーネ at 22:07| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

ミクロアクション Re:キューティーハニー

ミクロアクション Re:キューティーハニー キューティーハニー THE LIVE放送記念!
 ってワケじゃないですが、ようやく手に入れました。

 ミクロアクション Re:キューティーハニー

 このハニーさん、同タイトルアニメのDVD−BOXに付属しているので、定価2万円!!(,ΦДΦ)デストローイ!! 
 未だに手に入るものの、その値段だけでなく、DVDまでいらないという人にとっても、ネット取引価格が1万円を越えるシャンニー以上に手に入れにくいミクロマンなのでした。
 それがたまたまオークションでかなりの安値で出ていたので、ここぞとばかりに気合で落札。
 いやー、いい買い物だったなぁ。


開けるわよ! ハニーフラッシュ!
posted by アルシオーネ at 22:56| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ミクロアクション エヴァンゲリヲン 惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版 制服Ver.)

ミクロアクション エヴァンゲリヲン 惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版 制服Ver.) ちょっと間が開いちゃいましたが、綾波レイに続いてアスカです。

 ミクロアクション エヴァンゲリヲン 惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版 制服Ver.)

 アスカには悪いけどレイと同時発売なんだから、当然一緒に買いました。
 商品ナンバーがレイがMA-40、アスカがMA-39なので順序としては逆になっちゃいましたね。劇中のアスカなら激昂するに違いない(笑)


だから、私を見て!
posted by アルシオーネ at 07:52| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

ミクロアクション エヴァンゲリヲン 綾波レイ(新劇場版 制服Ver.)

ミクロアクション エヴァンゲリヲン 綾波レイ(新劇場版 制服Ver.) 新劇場版とともに再びミクロ化のエヴァキャラですが、最初のものが出来が酷かっただけに、今回はどれだけ改善されているか期待して手に入れました。

ミクロアクション エヴァンゲリヲン 綾波レイ(新劇場版 制服Ver.)

 実は自宅から一番近くのトイザらスでは新劇場版公開と共に先行発売されていたぽいのだけど、出向いた時点で既に売り切れてました。(^^;)
 この店、新作ミクロマンが出る度に瞬殺される手強いお店であります。
 ま、新作でなくても投売りでロベルトが100円になった時点でも同じことが起こったけど。



私はたぶん4人目だと思うから。
posted by アルシオーネ at 23:48| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ミクロアクションシリーズ バットマン(コミックバージョン)

ミクロアクションシリーズ バットマン(コミックバージョン) Gun0826さんのえろぶろ at Exciteの3周年記念プレゼントで当たっちゃいました!

 ミクロアクションシリーズ バットマン(コミックバージョン)

 くじ運が悪い悪いと言いながらも、しっかりミクロマンを当てちゃってて申し訳ないです。
 さて、ミクロアクションシリーズでは、既にお馴染みの顔になっているバットマンなんですが、今回のものは元祖中の元祖、なので膝関節の仕様が旧バージョンです。
 Gun0826さんは破損を心配されてましたが、割れもなくしっかりしてました。
 ま、たとえ割れが出ようとも、プラリペアで容赦なく修復ですよ(表現がおかしい)。なんせ日々このスキルを上げるため、ボールペンだのハサミの取っ手だのを修復しております(笑)


バットマ〜ン、バットマ〜ンと口ずさみながらクリック
posted by アルシオーネ at 01:47| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

着ぐるミクロマン ゴジラ(初代モノクロ版)

着ぐるミクロマン ゴジラ(初代モノクロ版) 今更ながら買っちゃいました。
 着ぐるミクロマンのゴジラなら既に持っているのですが、いつものようにヤフオクを観てたら、これが叩き売りされてましてね。
 得てしてこういった叩き売り商品は、情け容赦ない送料(宅配便でしかも高い設定)になってる事が多いので、いつもなら見向きもしないところなんですが、これだけは定形外郵便可になってましたので、ふらふらふら〜っと入札。そして落札といった具合。

 ファンの方には悪いですが、ゴジラには特に思い入れもないし、中の人、ミクロマン・ケンも既に持っているしで、ぶっちゃけて言えば「身体だけが目当て」(註:ミクロマン用語)だったりして。
 ですので、レビューとしては力は入ってません。
 皆様も力を抜いてご覧くださいまし。



さて、開封すっかな〜
posted by アルシオーネ at 10:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.)

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.) 先日の仕事中、あまりの暑さに「冷却せねば〜」と言って麦茶を飲んだら、若いスタッフに「まるでエヴァンゲリオンみたいですね」と言われ、即座に「残念、俺の世代は超合金だぜ!」と答えてしまい、それを聞いていたエヴァンゲリオンの頃にはまだ一桁だったという新人スタッフの女の子が目を白黒させていたことで時代のギャップを感じてしまったアルシオーネ(残暑の厳しさが身にしみるお年頃)です。

 さて、ワンフェスなんてイベントはすっかり縁のない私ですが、イベント翌日のヤフオクでミクロマンを検索したら、雨後の筍のように出品されていたのでつい買ってしまったのがこれ。

ミクロアクションシリーズ 綾波レイ(包帯Ver.)

 この秋には新作の劇場版があるので、当然その一環ですね。
 綾波レイに思い入れがあるわけでもないのに、わざわざ手に入れてしまうのは、ミクロマン本編の新商品が出ないことへの精神的不安を取り除こうとする無意識の行為なのかもしれません。あ、難しく考えなくても、多分ただの衝動買いです。


では、説明を受けろ(碇ゲンドウの声で)
posted by アルシオーネ at 02:51| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ミクロアクションシリーズ CASSHERN

ミクロアクションシリーズ CASSHERN 昨日今日とリボルテックのトロとクロを探し回り、ようやく手に入れたものの力尽きました。素直に通販にしておけば良かった(笑)

 それとは全く関係ありませんが、今頃になって『ミクロアクションシリーズ CASSHERN』を手に入れました。
 何故かガチャフィグ屋で一個だけ数百円で投売りされてたんだよね。
 しかも未開封。
 もともとこれを買ったのは映画のファンだったのかなぁ。
 映画の内容はアニメのキャシャーンのファンである私にはとても納得いかないものだったので、それでこのミクロマンを買う気にならなかったんだよね。



写真が多いので格納
posted by アルシオーネ at 00:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

マリエッタちゃんがやって来た

 リンク先のいいんちょ@さんの『ろべるともるが』「1万HIT記念プレゼント」に当たりました!

 当たったのはいいんちょ@さん制作のオリジナル・ミクロレディ マリエッタちゃんですよ〜

届きました〜

ウォルター 「というわけで、待望のマリエッタちゃんが届いたよ」

ヴァイン 「運の悪いアルシオーネにしては、珍しいこともあるもんだ。しかし、やってきたのがミクロレディというのは嬉しいね」


開けますよ〜

ウォルター 「では、いよいよ開封させていただきましょう」

ヴァイン 「ヒュ〜♪、マリエッタちゃんのご尊顔を拝見だ〜♪」





ガサゴソと開けちゃう続きはこちら
posted by アルシオーネ at 00:10| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。